トップページへ戻る

 


 


NPO法人 COCO湘南 理事長 西條 節子 あいさつ

 本日は、日曜日という大切なお休みの日に、「COCOたかくら」の開設においで下さいまして有難うございます。
実は、日曜日を選びましたのには理由がございます。それは、特に男性の皆様にも是非知っていただき、男性も女性も等しく明日を考えて、元気に生きていただきたいと考えたからでございます。なにとぞご理解くださいますよう・・・

 さて、この「COCOたかくら」と「グループリビング」につきましては、後ほど井之川常務理事からご説明申し上げますが、私たちが、パート機↓供↓靴3つの建設をすすめた理由を申し述べます。それは、
 ,海譴泙琶襪蕕靴討澆董△箸砲く元気に楽しい暮らしが作れること、
  ターミナルケアも通じて生涯を安心安定して暮らせるということ。
◆3ヶ所あれば、その間で「住み替え」が容易にできること。
 ご夫婦で、記境景漫垢離螢咼鵐阿吠襪蕕靴董∋には二人で旅をされた
   り、泊まりあったりして、男女の老後を幅広く楽しみながら 生きていくこと
   など、とても面白く夫婦関係も飽きることなくロマンチックな心を再現でき
   る、それが若返りにもなるのでは・・・
と3つの目標には「隠し味」もあるのです。

 とにもかくにも、地主さんの秦野様はじめ地元の皆様のご配慮、それに加えて、日本で始めてのグループリビング4ヶ所への補助の一つを私共へと日本自転車振興会がご英断くださいました。日自振の大きな力が私どもの市民力を沸き立たせていただき、その上に固くしっかりと湘南営繕協会の最上社長さんの陣頭指揮があり、ここにたどりつくことができました。感謝感激です。

 このすばらしい場所で、私たち理事はじめ全てのCOCO住民は、心と力を合わせて介護予防の心安らかな生涯を送ります。国、県、市も介護保険料問題でヒーヒー言わなくても良い方法が、きっと、ここから証明していけると信じて止みません。

 たおれて消費する経済より、元気印に少しづつ投資をしていく事がどんなにすばらしいことか、そんな実践を示しながら、全国各地の皆様と手をつないでいきたいと思います。
 本日は誠にありがとうございました。
                                                                                     2006年4月16日

 


日本自転車振興会様の補助により
開設されたことを 表したプレート


2005.8 地鎮祭の様子
最前列右より、理事長・西條 節子、
最前列左・地主:秦野 様、
二列目左・蠑兎遽珍橋┣顱Ш脳綣卍


先頭に戻る